多言語サイトを作る

まだまだコンテンツマネジメントシステムのメリットについて語るべきことがあります。Web制作を軸として考えている会社は今後より多く増えていくことでしょう。

そのとき国内言語だけを意識すればいいということではありません。もちろん、国内に特化して仕事をしている会社にとっては日本語だけを意識してWebサイト作りをして行けばいいのかもしれませんが。

海外に目を向けている企業のみなさんにとっても、大きなメリットはコンテンツマネジメントシステムにあります。

兎に角、企業のみなさんは、コンテンツマネージメントシステムを導入することで、ウェブサイトの運用業務の効率化がもたらされる必要があります。ASPサービスとはプロバイダーが提供しているCMSをレンタル形式で使用するシステムを言います。

RCMSでは、多言語に対応しています。いろいろな国の方がアクセスする会員制のサイトなどには適しています。

オープンソースは、公開されているソースコードを利用してシステムを開発する方法のことを言います。初期費用を抑えることが出来る方法です。

Magentoも、多言語対応を念頭に開発され多言語ECサイトに適ししています。Joomla!も、WordPressにつぐ、世界的シェアがあります。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket